“お灸”で感染予防!?

“お灸”で感染予防!?

*こんにちは!
JR埼京線、板橋駅前徒歩1分
“いいづか鍼灸指圧整骨院”の 飯塚 です。

中国、武漢で発生した「肺炎ウイルス」が
大変な状況を引き起こしています。

日本国内でも感染の拡大が懸念されていますが、
これ以上感染を広げないために

予防の意味を含めて
個人でできることはないのでしょうか。

今の状況を考えるともしかしたら
ウイルス自体は蔓延してしまい、
感染を防ぐ事は出来ないかもしれません。

インフルエンザもそうなのですが
ウイルスはどこにでもいるわけですから

仮に感染しても発症させないように、
と考え方を変える必要があります。

まず、
手洗い・うがい・マスクなどは
もう当然の対応になっています。
(マスク不足で入手が出来ませんが)

これは“感染”を予防するためのもので
発症を未然に防ぐ事ができると思います。

ウイルスに感染した場合
それに対する薬はありません。

感染した場合、発症を抑えるには
カラダの「免疫」が必要がになります。

ワクチンは「免疫」を
サポートするだけのものです。

その免疫力を高めるには
十分な栄養と、睡眠が大切と言われますが

もう一つ、
免疫を高めることのできる事があります。


実は“お灸”が免疫を高める効果があるのです!

“お灸”の熱とツボ刺激が
好中球・好塩基球、リンパ球など免疫を司どる
体内の「白血球」を増加させる効果があります。
(これは医学的にも証明されています。)

また、“お灸”の煙は
呼吸器の粘膜細胞を刺激する作用があり
細胞を活性化することで
異物であるウイルスを寄せ付けなくなります。

感染そのものを予防する効果があります。

皮膚もそうですが
表皮細胞が一番の免疫機能を持っています。
煙で呼吸器粘膜を鍛えておくと感染は防げます。

ただ、タバコではダメです。
煙の刺激が過剰すぎて粘膜を痛めてしまいます。
(なんでもそうですが適度な刺激が必要です。)

最近は予防にメガネも挙げられています。

眼の結膜からの感染も認められるので
効果的とされています。


ウイルスは目に見えないため
いつ感染するかわかりません。

ウイルスに対抗するには
個人の免疫を上げるのが必須です。

ただ、新種のウイルスに対して
免疫がありませんから
免疫を獲得する必要があるのですが

その方法は
ウイルスに感染することです!

??何言っちゃってるの??
感染したらダメじゃん、って思いますよね。

「免疫」を獲得するには
それに触れなければおこなえないのです。

新型のウイルスに対しても
感染を念頭におき発症を避けることが必要です。
(キャリアは何処にでもいる事と考えるべきです)

それらを踏まえて
個人の免疫を上げるためにする事は

先ず、寝る事です。
睡眠に勝る予防はありません。
(免疫を上げると言う意味です)

次に食べる事。
栄養(ビタミン・ミネラルを多め)を摂る。

そして“お灸”です。
免疫力を上げてウイルスに負けない体を作る。


ウイルスを侮る事はいけませんが
怖がり過ぎも良くありません。

通常の生活をする上でも
免疫力アップはとても重要です。

ご自分の身を守るために
よく寝て、よく食べて、

“お灸”も使ってウイルスに
立ち向かう体力(免疫)をつけて下さい。

JR埼京線、板橋駅から徒歩1分、池袋駅から一駅
都営三田線、新板橋から徒歩3分
東武東上線、下板橋から徒歩4分

飯塚祐正【腰痛施術】いいづか鍼灸指圧治療院

いいづか鍼灸指圧治療院の飯塚祐正です。
鍼灸施術、指圧整体を用いて腰痛施術を行っています。
お気軽にお問い合わせください。

鍼灸指圧師、柔道整復師、臨床検査技師 医薬品登録販売者
青年海外協力隊OB